QUALITY確かな品質

品質

品質にこだわる製品づくり

不良品を突き止める厳格な品質管理体制

不良品は出荷前に食い止める―それが、神峯電子のポリシーです。当社では、出荷前に厳格な検査体制を整備し、不良品の出荷を高い確率で抑え込むことにより、品質の向上に努めています。
ベテラン作業員による目視検査はもちろん、これまで蓄積した不具合に関する情報のデータベースと照合し、類似する症状の製品をピックアップ。不具合の原因を徹底的に追求した後、開発現場へフィードバックしています。
このように検査情報を全社で共有することによって、「品質管理の見える化」を実現。確かな品質の製品のみ出荷できる体制を構築しています。

品質管理データベースで検査情報を共有

▲品質管理データベースで検査情報を共有

ISO 9001認証取得

ISO 9001認証取得
品質マネジメントシステムを確立し継続的改善を図ることで、
お客様満足の向上を目指します。

一流エンジニアを育てる技能認定制度

確かな品質をお届けするには、作業者一人ひとりの技術力が欠かせません。 神峯電子では、プリント基板実装、極小半田付け、電気検査など8つの技能に携わるすべての製造系エンジニアに対し、より高い技術力を養い、かつ維持し続けることを目的とした独自の「技能認定制度」を設けています。 新入社員など技能認定を取得していない作業者は、取得者の指導のもとで作業を行うことが義務付けられており、製造の段階からクオリティの高い製品づくりに貢献しています。

神峯電子技能認定種目